KCSセンター岡山/倉敷店 KCSセンター玉島院

腰痛の原因について

腰痛の原因は様々ですが、何故痛むのか明確にされていない腰痛が8割以上だとされています。

画像による診断を行っても、その85%は、原因が特定できないことが分かってきました。(NHKクローズアップ現代より)

厚労省研究班の調査によると、いま腰痛にお悩みの方は2800万人、実に日本人の4人に1人に及ぶと言われています。

主な原因として圧迫骨折や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄が挙げられます。これら以外にも癌や、細菌・ウィルスの感染、臓器や血管などの病気が要因となり、腰の痛みが引き起こされる場合もあります。8割以上である原因不明の腰痛は、レントゲン検査を行っても明確な要因が特定できず、見た目で把握が困難な、神経の障害によって痛みが発生している可能性があります。

ここで、原因不明とされている腰痛の原因が、「背骨の歪み」「骨盤の歪み」「姿勢の悪化」によって、「神経の障害」「局所へ過度な負担がかかる」「慢性的に負担がかかる」ということが起こって、腰痛になっているケースがあります。

「背骨の歪みが原因のケース」

背骨の歪みが原因の場合は、腰骨(腰椎)が歪むことによって、背骨の骨と骨との間(神経孔)から出ている神経(末梢神経)に障害が発生して、痛みが発生しているケース(一般的に神経痛という)

「姿勢が悪いことが原因のケース」

姿勢が悪いとは、具体的には、猫背、ストレートネック、ランバーフラット、そり腰などがありますが、特に、前後のバランスが悪くなった状態、言い変えると正しい生理弯曲(S字のカーブ)が、なくなった状態です。

正しい生理弯曲(S字のカーブ)があることで、緩衝作用(クッションの役割をしています。)

一番軽度な腰痛は、その緩衝作用が低下することによって、腰に負担がかかり、筋肉にダメージが起こるケースは、過度な疲労から腰痛になるケース。

その次に重度な場合は、軟骨(腰椎椎間板)にダメージが起こるケースです。その場合は、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板症・脊柱管狭窄症などへ悪化するケースも多くみられます。

さらに重度になると、背骨(椎骨)にダメージが起こるケースです。この場合は、腰椎圧迫骨折、腰痛すべり症、腰椎分離症へ悪化するケースも多くみられます。

腰の痛みを生じさせる病、腰痛の予防として、腰周辺の筋力を鍛える・姿勢を良くして、腰にかかる負担を減らすことが重要です。

最後に腰の痛みを感じた場合は、世界基準の勉強したカイロプラクターがいる治療院に行って、相談し、姿勢分析などの検査を受けて、早期に治療することが得策です。