QA➂

Q.どんな症状の人が受けているのですか?

A.来院者の主訴は、本当に多岐に渡ります。腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、膝痛、頭痛、背部痛、頚部痛、肩こり、四十肩、五十肩、側彎、シビレ、椎間板ヘルニア(神経学的欠損兆候がないもの)捻挫やスポーツ障害、事故後のケア、むち打ちなどが代表的ですが、その前段階の違和感や不定愁訴、姿勢や背骨が気になる人、疲れやすい、疲れが取れない、だるい、すっきりしない等での来院も多いです。基本的に背骨のズレが原因となっている問題の改善に有効です。また、神経機能や神経伝達を正常にしていくので、人体が持つ自然回復力や免疫力の活性化にもつながります。

2015-01-23 | Posted in 未分類 | Comments Closed 

お問い合わせはこちら