喜びの声

 

●倉敷芸術科学大学の准教授である山崎さまからの喜びの声

KCSセンターと出会ったのは、友人がカイロプラクターだった。

昔は、痛い時に時々してもらっていた。
30年ぐらい前から、過酷な労働により腰を悪くして、腰椎椎間板ヘルニアになり、手術をした。
手術を何回か繰り返し今は、少し治まっている。しかし、右足の筋力低下とシビレは、いまだに残ったまま。
そして、3年ぐらい前から、肩こりが酷くなり、しだいにシビレでくるようになり、首の痛みもひどくなってきた。
今から思えば、痛い時だけではなく、メンテナンスをしておけば、悪化していなかったのかもしれないが、
そして、2年前、ハードワークから手に力が入らなくなり、頸椎を手術することになった。
手術後は、定期的にリハビリとKCSセンターでの調整を受けて、少しずつ回復しています。
今は、姿勢が悪くならないように気を付けています。

2015-02-13 | Posted in 未分類 | Comments Closed 

お問い合わせはこちら